東北大学 メディカルサイエンス実用化推進委員会

委員会について

運営体制/連携・支援体制

運営体制

八重樫委員長、滝澤副委員長のもとに、「教育部会」 「グラント探索部会」 「研究協力・シーズ探索部会」の3つの部会を設置します。 学内16部局からの実務担当者によるワーキンググループにより、顔を合わせた意見交換の場を設け、従来の枠を超えたイノベーションの創出を促進します。

八重樫伸生 副学長

滝澤博胤 工学研究科長

厨川常元 部会長

根東義則 部会長

下川宏明 部会長

運営体制図

連携・支援体制

医療機器シーズと医療ニーズの医工融合から、プロジェクトの立ち上げ、 前臨床試験から実用化までの一連の流れにおいて、3つの部会が各段階においてそれぞれのミッションに応じた適切な支援を提供します。

薬事申請、治験実施に関しては臨床研究推進センターが支援・監督を行い、迅速に実用化へと導きます。 各組織が相互に連携する体制を構築し、高度先進医療の推進、イノベーション創造を目指した支援体制を実現します。

連携・支援体制図